オススメバイク

バイクショップ ゼロがオススメする今イチオシのバイクです!

SUZUKIのバイクGSX400FSインパルス
メーカー
SUZUKI
車種
GSX400FSインパルス
車体価格
748,000円

かっこいいGSX400FSインパルス入荷いたしました!!カスタムは、アップハン、カスタムペイント、外装フルセレクト、マービングマフラー、社外サス、新品張替タックロールシート、別体マスターGSウインカー、シビエライト、ゴールドチェーンなどカスタム多数です!!エン...

SUZUKIのバイクGS400フルメッキフルカスタム
メーカー
SUZUKI
車種
GS400フルメッキフルカスタム
車体価格
1,650,000円
1,550,000円

極上のGS400入荷いたしました!!カスタムは、フルメッキ、オイルクーラー、サーモスタッド、カスタムラメ塗装、エクセル赤リム、ダブルディスク、ダブルアンチ、フェンダーレス、ゴム巻きタンデムバー、風ぼう、別体マスター、アルフィン、マービングタイプマフラー、大川三...

HONDAのバイクCBR400Fフルカスタム
メーカー
HONDA
車種
CBR400Fフルカスタム
車体価格
980,000円

フルカスタムのCBR400F入荷いたしました!!カスタムは、メッキセンハンタイプハンドル、RPM管、タックロールシート、エンジンカバーメッキ、BEETエアロシャーク、BEETアルフィン、社外テール、ロングタンデムバー、フェンダーレス、ヨーロピウインカー、別体マ...

新着バイク

バイクショップゼロに入荷した新着バイクです!

CBX400F国内物2型仕様極上車新着旧車バイク

HONDAのバイクCBX400F国内物2型仕様極上車
メーカー
HONDA
車種
CBX400F国内物2型仕様極上車
車体価格
1,680,000円

もっと詳しく見る

CBX400F国内物委託車輌新着旧車バイク

HONDAのバイクCBX400F国内物委託車輌
メーカー
HONDA
車種
CBX400F国内物委託車輌
車体価格
1,400,000円

もっと詳しく見る

CB400F極上フルカスタム398登録新着旧車バイク

HONDAのバイクCB400F極上フルカスタム398登録
メーカー
HONDA
車種
CB400F極上フルカスタム398登録
車体価格
2,580,000円

もっと詳しく見る

GSX250Eゴキ新着旧車バイク

SUZUKIのバイクGSX250Eゴキ
メーカー
SUZUKI
車種
GSX250Eゴキ
車体価格
398,000円

もっと詳しく見る

RZ250フルカスタム370E/G

YAMAHAのバイクRZ250フルカスタム370E/G
メーカー
YAMAHA
車種
RZ250フルカスタム370E/G
車体価格
798,000円

もっと詳しく見る

Z250FT

KAWASAKIのバイクZ250FT
メーカー
KAWASAKI
車種
Z250FT
車体価格
498,000円

もっと詳しく見る

ZEROからのお知らせ

バイクの入荷情報や新サービス、イベント、臨時休業などバイクショップ ゼロからのお知らせです。

5/28旧車についてのお知らせHONDACBX400F国内物2型仕様極上車入荷しました!

5/18旧車についてのお知らせHONDACBX400F国内物委託車輌入荷しました!

5/12旧車についてのお知らせHONDACB400F極上フルカスタム398登録入荷しました!

5/11旧車についてのお知らせSUZUKIGSX250Eゴキ入荷しました!

4/26旧車についてのお知らせYAMAHARZ250フルカスタム370E/G入荷しました!

旧車バイクとは

好きな時に、好きな場所へ連れて行ってくれる一番自由な乗り物 -- それがバイクでした。
バイクショップをやっていると、ビギナーライダーに問われることがあります。
「なぜ、過去形なのか?」
燃費、空力、電子部品によるオートマチック化、デザインの先進性...。どれをとっても確かに今のバイクは、旧車とよばれる一時代以上も昔の二輪よりも優れています。
それは、間違いありません。
そんな時にこう思うのです。
バイクはただ目的地に着くためだけの道具なのか?
この質問に「Yes」と答えるのならば、燃費の良い軽にでも乗ったほうが良いでしょう。
バイクみたいに不安定で、暑さ寒さに苦しむのは無駄です。
ただ、そんな無駄な生き方が無性にしてみたくなる刻が人にはあるのです。
----バイクを駆る----
我が身一つを二つ輪を佩いた鋼鉄の塊と一体となる。
強烈な風雨に我が身を晒す。
社会的な肩書きや財産の多寡といった俗世間的な縛りから解放されて、ただ、その瞬間だけヒトは己が肉体のみで自身の存在を風に問う。
そんな刻には機械仕掛けは無粋です。
不器用でもいい。
強烈な個性を放って、今、尚輝くあの時代のバイクと駆け抜けたい。
旧車の魅力は、ただ、それに尽きます。

ページTOPに戻る